八雲東OBが甲子園出場決定!

 

やった~~~~~~~~~!!!!!!!!

 

大晟すごいぞ~~~~~!(^^)!  おめでとう~~~~~~!!!!!

 

八雲東スポーツ少年団、守口シニアのOB(深江 大晟)くんが甲子園出場を決めてくれました。

 

今年の夏も楽しいことが1つ増えて嬉しいかぎりです。!(^^)!

 

みなさんも いっしょに応援よろしくお願いします。

 

 

【青森】光星、逆転で春夏連続決めた!2年ぶり7度目甲子園

スポーツ報知 7月25日(金)7時5分配信

◆第96回高校野球選手権青森大会 ▽決勝 八戸学院光星8―6青森(24日・青森市営野球場)

 青森の決勝で八戸学院光星が青森に8―6で競り勝ち、春夏連続の甲子園出場を決めた。3点を先制される苦しい展開も、持てる力を全て発揮して逆転勝ちした。

 抱き合って喜ぶ中川優投手と馬場龍星捕手(ともに2年)の2人をめがけて、八戸学院光星の選手たちが勢いよく駆け寄った。競り合いを制して2年ぶり7度目の出場。仲井宗基監督(44)は「しんどかった。練習してきたことをプレッシャーのかかる中、出せたのがよかった」と選手たちをたたえた。

 苦しい展開にも焦らなかった。準決勝(21日)の弘前学院聖愛戦も、7回表まで0―4の劣勢から逆転勝ち。この試合も2回に5安打と失策などで3点を先制されたが、「相手に関係なく自分たちの力をいかにして出すか」(仲井監督)と常に言っている“敵は我にあり”の言葉を胸に反撃した。3回に2番・足立悠哉遊撃手(2年)の右越え2ランなどで追いつくと、4―4の7回1死満塁から4番・深江大晟二塁手(3年)の遊ゴロが悪送球を誘い3得点。この回4点を挙げた。

 「やってきたことを信じてやれば逆転できると話していた」と深江。大会期間中も夕食後の自主練習で素振りをくり返し、持ち味の打力を強化。また私生活の乱れが野球にもつながると、野球部寮の整理整頓なども意識して取り組んだ。また千葉諒主将(3年)は「昨秋は勢いで勝った。勢いを生むには声を出すこと」とチーム全体で積極的な声を意識。バックネット裏に三塁側、左翼芝生席と地元の青森を応援する人で埋まった“アウェー”状態のなか、ベンチの選手たちが声を出し続けて逆転劇につなげた。

 今春センバツは初戦突破も、2回戦で優勝した龍谷大平安に敗れた。仲井監督は「勝負にいく姿勢を貫き通したい」と話せば、深江は「毎試合自分たちの力をすべて発揮したい」と気合十分。11年夏から3季連続甲子園で準優勝した偉大な先輩たちを、今年こそ抜いてみせる。(有吉 広紀)

平日9:00 -19:30

パーマ、カラー、18:30まで

日曜 祝日 9:00 -19:00

パーマ、カラー、18:00まで

(毎週月曜日第2,3火曜定休)

ご予約優先

 ご予約の際はお電話下さい

 TEL: 06-6903-6237

   hair VIS club

 

 お車の方

コインパーキング約60m

 

     

 

 

 

VIS facebook